クラウドファンティングも残り少ない期間となってきました。
ご支援してくださったみなさまありがとうございます。

山も自粛期間が続き、山のパティシエイベントもほとんど中止となりました。

・8000円までの山のパティシエイベントを5000円のリターンでご招待。
・10000円のリターンで、どれでもお好きなイベントをご招待。

ですが、今年はイベントが少ないため、ご支援くださった方のご希望の山と料理やデザートで8月からのイベントを企画しようと思います。
ご支援くださった方や、お得にイベントに参加したい方はメッセージください。

お待ちしております。

https://camp-fire.jp/projects/view/250246

燕岳のイルカに海水を見せてあげる!

日本海から海水を汲み、14日間、北アルプスの稜線を縦走して日本海から燕岳のイルカちゃんに海水を見せに行きます。
1日1つ、スイーツを作りながら登ります。
ベストは尽くしますが、安全第一で天候や体調で無理がある場合はリタイアもあるかもです。
まずは、第1回目チャレンジ!

※大縦走もですが、14日間、山でスイーツを作り続ける事ができるかが、このチャレンジのもうひとつの一番難しいとこなのです。

※日本海の海水は自宅まで持ち帰り微量な塩を作り、おにぎりにして食べます。

山のパティシエ De la mer au sommet

北アルプス大縦走 ウルトラトレイル

・白馬岳〜八峰キレット〜裏銀座〜槍ヶ岳〜表銀座〜燕岳の北アルプス大縦走14日間の冒険。

北アルプス、燕岳には本物かと思うような巨大なイルカの岩があります。
その昔、燕岳の麓の安曇野の辺りは海の底だったと言われていて海の生物の化石や岩の層を見てもそうであったと確信ができます。

燕岳のイルカは、私には海の海水をもう一度いつか見てみたいと願っているように思えてなりません。

そこで長年計画をしていた念願の日本海から海水を燕岳のイルカに見せてあげようプロジェクトを実践することにしました。

イルカちゃんに海水を見せてお祈りし、みなさまの安全と健康もお祈りします。

★開催日★
7月15日〜29日
(8月4日〜18日から変更)

★概要★

・14日間の縦走の自炊はできるだけローフード、加熱をしない自然食とスイーツを食べます。
クルミやナッツ類、漬物、ドライフード、りんごなどがメインです。
仙人?

山のパティシエ De la mer au sommet

日本海から海水を汲み北アルプスの頂上へ。

日本海で発生した水蒸気は、雨や雪となり北アルプスに降り、川に流れ森や街や里を豊かにし、再び海へと還っていきます。
「De la mer au sommet 」は、海から山頂(登山)へと歩く中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えながら大縦走しようというチャレンジです。

食事はローフード等による自然と身体に優しいクルミやアーモンド、ナッツ類や果物をメインとした行動食とします。

縦走14日間は、1日1種類のスイーツも作ります。

北アルプスで山の上で連続14種類のスイーツにもチャレンジです。

日程予定

★1日目★

(7月15日)
・日本海

スイーツ:モンブラン

★2日目★



スイーツ:チョコレートパフェ

★3日目★



スイーツ:フルーツパフェ

★4日目★

・白馬岳頂上宿舎テント場

スイーツ:ラムレーズンクッキー

★5日目★

・白馬頂上宿舎ー五竜山荘テント場

スイーツ:みたらし団子

★6日目★

・五竜山荘ー種池山荘 テント場

スイーツ:キャラメルオレンジのワッフル

★7日目★

・種池山荘ー針ノ木 テント場

スイーツ:ウェルシュケーキ

★8日目★

・針ノ木小屋ー船窪小屋テント場

スイーツ:パルメザンチーズせんべいときなこ餅

★9日目★

・船窪小屋ー烏帽子小屋テント場

スイーツ:ドライマンゴーの焼きドーナツ

★10日目★

裏銀座縦走
・烏帽子小屋ー野口五郎岳ー三俣蓮華テント場

スイーツ:ゴマとアーモンドのチュイール


★11日目★

・三俣蓮華山荘ー槍ヶ岳  殺生ヒュッテテント場

スイーツ:クルミとチョコナッツのワッフル

★12日目、13日目★

表銀座縦走
殺生ヒュッテー槍ヶ岳ー大天井岳ー燕岳テント場


□スイーツ□
12日:そば粉のガレット シナモンシュガー
13日:抹茶の和風餅クレープ

★14日目★

燕岳ー中房温泉 下山

スイーツ:パンケーキ

(予備日1日)
場合によっては予備日が増えます。
天候により。

稜線で雷がきた場合

北アルプス大縦走は、稜線をずっと歩き続けます。
特に夏の場合、雷になる確率が高く稜線では雷がきた時、逃げる場所はありません。
高い物体(人体も)が雷を誘因する事があるので、立っているのは非常に危険です。
膝を曲げて足をかかえ、雷鳴がひどいときは鼓膜が破れぬように指で耳をふさぎ、雷の活動が弱まるのを待ちます。
足は開かず、しっかり閉じること。地面に手をついたり、寝転んだりすると近くに落雷があった際に感電のリスクが高まるので、地面への接地面はできるだけ少なくしてください。
あとは、雷の通過を待ち、祈るだけ。
毎日、雷の状況のチェックを忘れずに。

お支払・キャンセル等

●お支払
・当日 現金のみとなります。

●キャンセルについて
・キャンセルは開催日3日前まではキャンセル料はかかりません。
・キャンセル2日前から、食材費等の請求が発生します。
雨天など天候などの中止はキャンセル料はかかりません。
・当日キャンセルは、料金の70%を請求させていただきます。
前日までのキャンセルをお願いいたします。

●催行判断について
・雨天決行ですが、川の増水などにより危険が予想される場合は中止になります。
・原則として、前日18時に催行判断しますが、急な河川の増水などの影響によっては、当日朝に中止になることもあります。
・中止の連絡は、事前にうかがった携帯電話またはメールにご連絡致します。

●予約枠に空きのある日程への変更はキャンセル料金はかかりません。予約変更不可の場合は、規定のキャンセル料金が発生しますのでご注意下さい。ご連絡はお早めにお願い致します。

●天候や山のパティシエによるツアー中止の場合は、キャンセル料はかかりません。

【催行当日のご注意事項】
・ご連絡なき遅刻の場合は当日キャンセル扱いとなります。
・集合時間に遅刻されると、事前に連絡をいただいていても、場合によっては参加頂けないこともあります。

powered by crayon(クレヨン)